シーズン3の主な使用構築

Category: 構築紹介  

はいどーもこんにちは。
今回はシーズン3後半に主に使ってた構築紹介です。
シーズン3前半はXY環境に慣れるために色々試していました。
あとは対戦環境の準備してたり。
使用した6匹は以下の通りです。


heracross-mega.gif heatran.gif
  porygon2-shiny.gif    togekiss.gif
garchomp.gif manectric-mega.gif



では、個別解説へ。


heracross-mega.gif

ヘラクロス@ヘラクロスナイト
特性:根性→スキルリンク
性格:意地っ張り
努力値:H252 A236 S20 or H156 A244 B4 D4 S100
実数値:187-258-135-x-125-98 or 175-259-136-x-126-108
ミサイル針 インファイト
種マシンガン ロックブラスト

何の変哲もないメガヘラクロス。
好みでSに振った奴とHぶっぱの奴を使い分けてました。
2ぐらいならAの値を削っても対して問題はなかったように思えます。


heatran.gif

ヒードラン@拘り眼鏡
特性:貰い火
性格:控えめ
努力値:H228 C180 S100
実数値:195-126-190-126-110
オーバーヒート 大地の力
ラスターカノン 火炎放射

地雷枠の眼鏡ヒードラン。強い。
ニンフィアとの対面で相手がほぼ必ずめざ地を打ってきます。
そこを眼鏡ラスカノでぶち抜くのは爽快でした。
チョッキだと相手は耐えますが、向こうのめざ地も耐えるので有利な択を仕掛けられました。
ギルガルドも火炎放射で持ってくので大概の奴は大丈夫です。毒守以外は。


  porygon2-shiny.gif

ポリゴン2@進化の輝石
特性:トレース
性格:図太い
努力値:H244 B156 C28 D4 S76
実数値:191-x-143-129-116-90
イカサマ 冷凍ビーム
自己再生 放電

調整先
H252ファイアローを放電で90%で2発。
B:11n
H:16n-1
S:S12振り60族とかの調整を無視してその近辺にいるポケモンを上からたたく。

オリジナル調整のポリゴン2。速い。
こいつの役割は主に対マリルリ、ギャラドス。汎用受け。
対ギルガルドも任せます。流行りの意地ガルドもどうにかなりました。
3枠目の電気技はポリ2使うなら持ってて損はない技。麻痺も期待して放電を採用。
意地ガブの鉢巻逆鱗を受けられなかったりと少々つらい面もありますが。
そう考えるとCに回した分をBに回しても問題ないですかね。


togekiss.gif


トゲキッス@こだわりスカーフ
特性:天の恵み
性格:控えめ
努力値:H228 B4 C76 D4 S196
実数値:189-x-116-165-136-125
エアスラッシュ マジカルシャイン
大文字 波動弾

Hに多く振ったスカーフキッス。
最速にしてまで抜こうとする相手はいないような気がします。
スカーフキッスを使うときに気を付けるべきことはCの値ですかね。
C165を確保しておけばH4メガガルーラが超高乱数3で収まるので一回ひるめばこちらが有利になります。
しかし、この枠は後にパーティで重いバシャーモに対応できる枠に変更しました。
そのポケモンがファイアローです。


talonflame-3.gif

ファイアロー@ゴツゴツメット
特性:疾風の翼
性格:陽気
努力値:H252 B188 S68
ブレイブバード 鬼火
羽休め 挑発

テンプレゴツメアロー。バシャーモ対策や害悪対策で入れた。
特筆すべきことはあまりないです。
岩雪崩のないメガガルーラ相手には安定した。


garchomp.gif

ガブリアス@拘り鉢巻
特性:鮫肌
性格:意地っ張り
努力値:A252 B4 S252
実数値:183-200-116-90-105-154
逆鱗 地震
岩石封じ 寝言


大 正 義 意 地 鉢 巻 ガ ブ リ ア ス
超火力もいいとこ。数値受け不可能である理不尽な攻撃力。
トゲキッスがスカーフを持っていて強力な物理アタッカーも欲しかった。
パーティに自然と入ってきた主人公。


 manectric-mega.gif

ライボルト@ライボルトナイト
特性:避雷針→威嚇
性格:臆病
努力値:H108 B24 C140 S236
実数値:159-×-103-173-100-203
10万ボルト→毒毒 ボルトチェンジ
目覚めるパワー氷 オーバーヒート

テンプレメガライボルト。A252ガブの地震を耐えるやつ。
威嚇をまいてくれるのは純粋に強かったけど、メガ枠消費し耐久もあんまりないので使いどころが難しかった。
ヘラクロスとの同時選出もしたかったけどそうもいかなかった。
刺さるときはすごい刺さる。これであともう少し火力があれば文句はないのに・・



【総括】

最高レート1920程度でした。
解散の理由は
 ・バシャーモ、毒守ギルガルドをはじめとするポリ2メタの増加
 ・パーティ単位でSが遅い
 ・バシャーモがどうやっても重すぎる
 ・ポリゴン2が受けきれない技を打ってくる
 ・地雷で毒を入れられたりする
 ・水の一貫性がヤバい
です。
シーズン4初期のKPがPGLで見れますがそれによるとバシャーモが1ページ目に出てくるほど増えてます。
ゲンガーの相方としてのポリ2の順位も上がったりと格闘枠の需要が高まってるようです。
ポリゴン2がそれだけヤバいということでしょうか。
なんにせよ、シーズン4はレート2000を目指します。

※それぞれのポケモンの調整についてはいろいろなブログや動画を参考にしました。
5/22にポケモン関連は旧ブログからこちらに移転しました。
この記事がこちらでも読みたいという場合にはコメントにて。


 2014_05_22

Comments


 管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

YK

Author:YK
主に63シングルでレートしてます。
当ブログではポケモンがメインになります。
エグゼネット対戦のブログはこちら

検索

Twitter