FC2ブログ



【はじめに】
こちらではお久しぶりです、YK_exeです。8世代に入ってからというものの、久しぶりにポケモン対戦を心の底から楽しんでいる気がします。またボチボチと構築記事だったりいろいろ書けたらいいなあと思ってます。

S1は環境構築などで色々と時間を取られていたこともあって、殆ど潜れていません。50戦ちょっとでしょうか。あまりにも時間が足りませんでした。色々と考えたことを破棄するのはもったいないので、構築を公開することにしました。

【概要】
今回紹介するのは、ノオースタンです。ユキノオーが8世代でも使えるとわかった時から、最初の構築で使いたいとS1の間はずっと使っていました。
ノオースタンといえばノオーガブサンダーがとくに有名だと思います。ですが、ガラル地方にはガブリアスもサンダーもいないため、この陣形を取ることができません。そこで、5世代の記事を読み漁り必要な要素をピックアップしました。
構成メンツは

・ユキノオー
・物理1(スカーフなど抜きエース)
・物理2(格闘枠?対鋼と推測)
・電気枠(物理が誘う対水。ボルトチェンジでアド取りできるとなお良し)
・鋼枠(対龍。当時は龍半減が鋼しかなかった)
・自由枠(だいたい炎格闘が重いため水が採用されやすい)

となっていたらしいです。8世代S1の環境では、対水と対龍と対格闘の方法が大きく異っていると考えました。

・対水
地面複合多数につき、抜群で入るのがドヒドイデとギャラドスとラプラスくらいしかいない。また、使い勝手の良い電気がロトムくらい。無理に入れる必要はないと判断。

・対龍
フェアリーが環境で大暴れ。眼鏡流星などは5世代ほど圧倒的なものではない。とはいえ鋼はあるに越したことはない。

・対格闘
こっちもフェアリーのせいでなかなか大変な模様。加えてゴーストも多いため、S1の環境では電気以上に扱いにくそう。構築を歪めてまで無理に対策する必要がない。

以上の要素を加味すると多少の条件の緩和が行えると考えました。というわけで、紹介に移ります。詳細解説は採用順。
S1_3.jpg

このレンタルチームは削除しました。使用したい方は、ツイッターまで連絡をお願い致します。

 2019_12_31



プロフィール

YK

Author:YK
主に63シングルでレートしてます。
当ブログではポケモンがメインになります。
エグゼネット対戦のブログはこちら

検索

Twitter