お久しぶりです。
先日(12/27)に行われたキツネの社mfに行ってきました。
初めての参加でしたが楽しかったです。

戦績は5-4ととても褒められたものではありませんが、自分の実力ならこのあたりだろうという点で納得するものもありました。あ、でもうち一つが不戦勝なので4-4ですね。
次はもっと上めざします。
ほとんどまわしてませんが使用したのは以下の通り。
ORASでも使いたかったメガライボルト入りの構築です。


manectric-mega.giflandorus-therian.gif
cresselia.gifheatran.gif
breloom.gifgengar-mega.gif


以下、個別解説。

manectric-mega.gif

ライボルト@ライボルトナイト
特性:避雷針→威嚇
性格:臆病
努力値:H236 B8 D12 S252
メガシンカ前実数値:175-x-81-125-82-172
メガシンカ後実数値:175-x-101-155-102-205
めざ氷 10万ボルト
火炎放射 ボルトチェンジ

いつものHSメガライボルト。
Cに4振ることの利点がH252アローを10万で81.3%ということぐらいだったのでダウンロード意識とかで全てBDに振り分けた。
この配分で威嚇込A200地震を最高乱数切り。D方面はC194晴れ放射が最高乱数切りといったあたり。
意外なことに火力の不足を感じたことはなかった。HSはサイクル回すのにもってこいの配分だと個人的に思ってます。
H252メガゲンガーに対面で勝ちたいならCぶっぱしてください。C186の10万でようやくH252メガゲンガー確定2です。

選出回数は3回。

landorus-therian.gif

ランドロス@拘りスカーフ
特性:威嚇
性格:意地っ張り
努力値:H132 A116 B12 D4 S244
実数値:181-198-112-x-101-142
地震 蜻蛉返り
岩雪崩 馬鹿力

いたってどこにでもいそうなスカーフランドロス。個人的にはもっと耐久にも振りたいポケモンだし、火力も切れないけど器用な子という印象。
怯み期待の雪崩。サザンが重いので馬鹿力。
チョッキでよかったと後悔してます。

選出回数は3回。

cresselia.gif

クレセリア@ゴツゴツメット
特性:浮遊
性格:図太い
個体値:30-x-31-31-31-31
努力値:H224 B244 D12 S28
実数値:223-72-188-95-152-109
サイコキネシス 冷凍ビーム
月の光 電磁波

XYの時とは違う点。
もともとメガバンギに起点にされるのが嫌だったのでクレセリアはあり得ないと思ってたのですが、メガバンギをメインとする構築は今少ないだろうと思い、威嚇を加えたうえでの超耐久を試してみることにしました。
結果は大成功でした。
H個体値がUなのでこんな感じの配分ですが、普通にHBぶっぱでいいです。

選出回数は5回。


heatran.gif

ヒードラン@食べ残し
特性:貰い火
性格:穏やか
個体値:31-28-28-31-31-31
努力値:H212 B8 C52 D108 S124
実数値:193-98-126-157-154-113
マグマストーム 大地の力
どくどく 守る

クレセリアの相方、特殊受けでやっぱりこいつは入ってきました。
穏やかドランを使ったのは初めてだったのですが驚きの耐久力でした。
調整点としては、マグストでH252メガクチート最低乱数切り。D11n、ある程度のミラー、スイクン意識でSに。
Sはここが最低ラインだと思いました。ミラー勝ちありました。

選出回数は5回。


breloom.gif

キノガッサ@毒毒玉
特性:ポイズンヒール
性格:腕白
努力値:H156 B156 S196
実数値:155-150-132-x-80-115
キノコの胞子 身代わり
タネマシンガン ビルドアップ

超絶な地雷。通称ミラガッサ(?)→http://ktmillor.blog.fc2.com/blog-entry-23.html
燕ないグライオン、スキスワのないクレセラッキー等、さらにはガッサを起点にできる非常に面白いポケモン。
威嚇を入れた状態ならガルーラを起点にできたり。
腕白を初めて使いましたが、Sはこのぐらいでも十分だと感じました。しかし、これ以上は切れないと思います。
配分はくまさんのブログにあるものをお借りしました。(http://kumaaapoke.blog.fc2.com/blog-entry-28.html
技構成は今回はビルドタネガンをチョイス。サイクル回すので寄生木もありかと。
タネガンはミラーさんもおっしゃる通りスイクン意識の意味合いが強いです。
スイクンが消えつつあるのなら岩石や気合パンチのほうがいいでしょうね。
今回のMVPといっていいポケモン。とにかく読まれなかった。

選出回数は5回。


gengar-mega.gif

ゲンガー@ゲンガナイト
特性:浮遊→影踏み
性格:臆病
努力値:H252 B4 S252
メガシンカ前実数値:167-x-81-150-95-178
メガシンカ後実数値:167-x-101-190-115-200
祟り目 鬼火
挑発 道連れ

以前、ライボルト構築はメガ2枚じゃないと成り立たないと思ったのでサイクルカットのエキスパートを選んだ。
サイクル回すので努力値はHSぶっぱ。
技構成はいいとこどりの補助技3つ。S200からの挑発で相手の挑発を打たせない。さらに道連れを成功させやすくなるという利点も。鬼火で物理決定力を削ぎます。状態異常技が今回は多かったので祟り目をラストに。
構築単位で重いメガバナを処理したりと期待通りの活躍をしてくれた。

選出回数は3回。



【総括】
振り返ってみるとポイヒガッサの読まれなさが生きた試合が多かったと思う。
ライボルト+クレセドランという数値の底上げ構築で挑みましたが割と正解だったように思えます。
分かってはいましたが、重いポケモンはやっぱり絞られてました。
一例として、サザンドラ、ライコウですね。あとは両刀ガルーラとか。
前者に強めなニンフィアを入れてみたいところではある。
しかし、若干ごまかしになってるドランが余計重くなるので考え物。

改善案としてはゴツメランドやゴツメカバにすることで物理受けの圧縮をしてみるのもありだと思う。
今度試してみたい。



今回は以上となります。ここまで見ていただきありがとうございました。
当日対戦してくださった皆様、本当にありがとうございました。


後10日しないうちにテスト始まってしまうのでしばらくポケモンやれないと思います。



何かありましたら、Twitter:YK_exe まで。




 2014_12_29



プロフィール

YK

Author:YK
主に63シングルでレートしてます。
当ブログではポケモンがメインになります。
エグゼネット対戦のブログはこちら

検索

Twitter