上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--


manectric-mega-shiny.gif

いままでメガをライボルトだけにしてたんですけど、それだと色々と不利益が生じるのでメガは2にしたほうがいいと思いました。
ライボルトが選出できないときが多くなり、そうなってしまった場合メガシンカしない、つまりは種族値の差が相手とは少なくとも100はできるわけです。
これは大変痛いうえ、自分の考えてる構築ではライボルトで削るという根本の概念が崩壊してしまってるわけです。
根本の概念が崩壊してるということは勝ち筋が全くもってないというのと同義ととらえてもよいでしょう。

とにかく、今後はメガ2枠にするのを考えつつ、ライボルト選出の際は削ってライボルトで〆る。
もう一方のメガ枠では別の勝ち筋を確保するなどしてみたほうがいいと思いました。



汎用受け、すなわちクレセポリ2スイクンメガバナなどこのあたりに対する駒の必要性は必須。

cresselia.gifporygon2-shiny.gifsuicune-shiny.gifvenusaur-mega.gif

スイクンはそうでもない気がしなくもないんですがチョッキミラコや瞑想を考慮するとたいへん面倒なのでどうにかごまかせるやつが1体いるとよさそう。
特にここ最近スイクンは増加傾向にあり対策は必須のポケモンとなってる。
特殊でも物理でもいいが高火力ポケモン、すなわち先程上げた4体に勝てるポケモンは欲しいところである。
またみがまもとかどくどくで嵌めたりしてもいいと思います。




chansey.gifgliscor.gif

対受けループ。
どうしてもグライオンをライボルトでは突破できないので音技もちやグライオンが勝てないポケモンを用意する必要がある。
ラッキーも生半可な物理火力は受けられてしまうので対策必須。(叩き落とせばこの限りではない)
低下力になりがちなこの構築には受けループや汎用受けみたいに数値で受けに来るポケモンや高火力高耐久みたいなポケモンにはとことん弱いのでそこへの対策を持っておかねばならないでしょう。




kangaskhan-mega.gifgarchomp.gif

ガルガブを対面で倒せる(ごまかしがきく)ポケモンが欲しい。
いくら威嚇で負担を軽減できるとはいえ耐久には限りがあるし削れなければ勝ちを拾えないので。
環境に多くいるガルガブ、例としてはゴツメを持ったスイクンやブシンなどを入れておきたい。
また、組んでて気づいたのだが特殊高火力、サザンやリザYに薄くなるのでそこも対策は必須。



まとめると、
・低下力になりがち
・受けループへの対策
・メガは本当にライボルトだけでいいのか
・汎用受けを処理できるポケモンはいるか
・威嚇を入れても止まらないやつは止まらないので別の処理ルートを要する

などを考えてライボルトの構築を組まないといけない。
弱点が多く一見弱そうに見えてしまうかもしれないがS2では2200越えを達成してる方もいるし、”削れば”1-3をひっくりかえせたり構築によってはぶっ刺さるポケモンや構築なので弱いわけではない。
もっと煮詰めるべき個所は大量にありそう。
何をあたりまえのことを、と思われたかもしれませんが自分のメモみたいな記事ですので怒らないでください。

スポンサーサイト
 2014_11_03



プロフィール

YK

Author:YK
主に63シングルでレートしてます。
当ブログではポケモンがメインになります。
エグゼネット対戦のブログはこちら

検索

Twitter





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。