シーズン10お疲れ様でした.
いきなり私自身の話になりますが,このシーズンは私にとって身になるものだったと思ってます.
というのも,私は潜っても3ケタを少し超えてあーだこーだ言ってるだけの人間なんですが少し考え方を考えて,
「どんな結果になってもいい,あきらめないで,できる限り数をこなそう」
という前提のもとやってました.
結局結果は思わしくはなく,プレイングでしょうもないことを何度もやらかしてます.
それでも,ポケモンに復帰して久々のシーズンで過去最高にそこそこ近い結果を出せたのでとりあえずは意味があったと思ってます.次シーズンでは2000は流石に超えないと・・・

話がそれました.(上記は関係ないので飛ばしてくださって結構です)
このシーズンでゲンガースイクンクレセドランを回してていろいろ思ったことをいくつか.

gengar.gifsuicune.gif
cresselia.gifheatran.gif


 2015_07_16


タイトルの通り,ゲンガー+スイクン+クレセドランのお話.
この並びはとあるブログを見て自分も使いたいと思って考え始めた.
コンセプトが似通ってしまうのだが,構築のコンセプトは

祟り目メガゲンガー+状態異常サイクル

文字にすると結構シンプルな気がする・・・

メインであるゲンガー@メガは確定.

gengar-mega.gif

構成に関しては祟り目以外の3つは基本的に自由.
汎用性を低くしすぎないようにしたい.

次に入ってきたのは毒残飯ヒードラン.状態異常を撒く係その壱.

heatran.gif

ヒードランの理由は,

・毒と火傷が効かない
・自らが鋼を呼ばないため毒を撒きやすい
・炎技の追加効果が強力

大体このあたり.
サイクルを回す関係上,状態異常による定数ダメージが入らないというのは評価点.
炎技に関して定番のマグストでも,噴煙で3割火傷を引くもよしだと思ってる.
ガブガルランドマンダをはじめ,呼ぶポケモンに物理が多いため,火傷が入れば大きなアドバンテージになる点,PP命中の観点で個人的には噴煙推し.


次に来たのはスイクン.

suicune.gif

このポケモンも火傷3割の熱湯をいかに試行回数を稼ぎ,打つかということを考えたい.
そうすると,ゴツメではなく自然と瞑想眠る@カゴといった構成になるだろう.


この時点で物理受けがいないので真っ先に入るのはクレセリアだろう.

cresselia.gif

ドランとの相性補完,強靭な耐久により腐るということはほぼほぼ無いと考えられる.
持ち物はもちろんゴツメ.このポケモンにも状態異常技を組み込むべき.


ここまではすんなりと行くものの,残りの2体が試行錯誤の連続になってる.
@2の欲しい要素として

・対ゲッコウガ
・物理打点
・積み防止
・対受けループ
・ステロ耐性
・威嚇
・メガ2枚目(叩き落とすに耐性があるとなおよい)

ぱっと思いつくだけでこれぐらい.
S10だけでなくS11も使ってこの構築を完成させたいところ.



【どうでもいい追記】

しばらく前に仲良くしていただいてる方々とエグゼオフに参加しました.

使用フォルダ:http://shinobinokakurezato.blog91.fc2.com/blog-entry-50.html
オフレポ:http://shinobinokakurezato.blog91.fc2.com/blog-entry-51.html

今度は11月に神奈川か東京で開催するとのことです.(主催いわく)
ストーリーはやってたけど対戦はやったことがない,やってみたいって方はこちらのアカウントをフォローしてください.
11月に近づいたら何かしらの情報があるでしょう.
運営アカウント→ @MMBNbattlePARTY



Q.今回なんで誰でもわかるような記事書いたの?
A.広告対策ということにしておいてください......




 2015_07_03


広告回避+自分用メモ
的外れな意見おおいかも。


マンダを止めに来るポケモン(物理受け)は主に

cresselia.gifrotom-wash.gifrotom-heat.gif
zapdos.gifporygon2-shiny.gifsuicune.gif


このあたり。
こいつらをほぼまとめて起点にできるポイヒガッサを考えてみる。
(スキスワクレセ、眼鏡スカーフのヒトムはきつい)

breloom.gif

ライコウもありかな?と思ったけどラグラージが重かった。
ラグラージに展開を許さないポケモンを用意できるのならライコウのほうがシナジーがありそう。
多分襷ガッサとかになるんだろーな・・・

この時弊害になるのが~スキンハイパーボイス。
打ってくるのは主にサナニンフィアメガマンダ(特殊)
gardevoir-mega.gif  sylveon-shiny.gifsalamence.gif

やっぱりこのへん見てるとガルドが入るよなぁ・・・
aegislash.gif
シャキン

こうしてみて考えると
マンダガッサガルド@3

アローが重い。
マンダにからげんきを仕込めばそこまででもなくなるか・・?
思ったよりマンダへのマークが厳しく、マンダは出せない。
ポイヒガッサは割と刺さり気味な印象。
ラグマンダみたいなガッサをさせる展開構築が多いからか。

ガルドの型は?
ラム剣舞、毒守、HC弱保、風船。
この辺は構築の最後に決めてもいいと思われる。


あー、むずかしい。
手探りもいいとこ。もうちょっと煮詰めてみよう。


12/16追記
ガルドじゃなくてヒードランでもよくね?

heatran.gif

XYの時に比べ準伝の用意しづらさと厳選のしづらさを考慮すればめざ地も減ってるだろうし。
んで、やっぱりなんだかんだ言ってクレセリアが相性いいよね。

cresselia.gif
るなーん


ここまで見てみると、ゲコゲコ忍者重い。

結局またもや
porygon2-shiny.gif

これ?

そうなると
ガッサ
マンダ
クレセ
ドラン
ポリ2
なにか

ここまででぱっと見速度が遅いことが気にかかるのでラストはスカーフ持ちとかになりそう。




結局ガルランドクレセドランガッサスイクンに似てきてるからあれが結論パといってもいいんじゃないかと思ってしまった。



 2014_12_14


manectric-mega-shiny.gif

いままでメガをライボルトだけにしてたんですけど、それだと色々と不利益が生じるのでメガは2にしたほうがいいと思いました。
ライボルトが選出できないときが多くなり、そうなってしまった場合メガシンカしない、つまりは種族値の差が相手とは少なくとも100はできるわけです。
これは大変痛いうえ、自分の考えてる構築ではライボルトで削るという根本の概念が崩壊してしまってるわけです。
根本の概念が崩壊してるということは勝ち筋が全くもってないというのと同義ととらえてもよいでしょう。

とにかく、今後はメガ2枠にするのを考えつつ、ライボルト選出の際は削ってライボルトで〆る。
もう一方のメガ枠では別の勝ち筋を確保するなどしてみたほうがいいと思いました。



汎用受け、すなわちクレセポリ2スイクンメガバナなどこのあたりに対する駒の必要性は必須。

cresselia.gifporygon2-shiny.gifsuicune-shiny.gifvenusaur-mega.gif

スイクンはそうでもない気がしなくもないんですがチョッキミラコや瞑想を考慮するとたいへん面倒なのでどうにかごまかせるやつが1体いるとよさそう。
特にここ最近スイクンは増加傾向にあり対策は必須のポケモンとなってる。
特殊でも物理でもいいが高火力ポケモン、すなわち先程上げた4体に勝てるポケモンは欲しいところである。
またみがまもとかどくどくで嵌めたりしてもいいと思います。




chansey.gifgliscor.gif

対受けループ。
どうしてもグライオンをライボルトでは突破できないので音技もちやグライオンが勝てないポケモンを用意する必要がある。
ラッキーも生半可な物理火力は受けられてしまうので対策必須。(叩き落とせばこの限りではない)
低下力になりがちなこの構築には受けループや汎用受けみたいに数値で受けに来るポケモンや高火力高耐久みたいなポケモンにはとことん弱いのでそこへの対策を持っておかねばならないでしょう。




kangaskhan-mega.gifgarchomp.gif

ガルガブを対面で倒せる(ごまかしがきく)ポケモンが欲しい。
いくら威嚇で負担を軽減できるとはいえ耐久には限りがあるし削れなければ勝ちを拾えないので。
環境に多くいるガルガブ、例としてはゴツメを持ったスイクンやブシンなどを入れておきたい。
また、組んでて気づいたのだが特殊高火力、サザンやリザYに薄くなるのでそこも対策は必須。



まとめると、
・低下力になりがち
・受けループへの対策
・メガは本当にライボルトだけでいいのか
・汎用受けを処理できるポケモンはいるか
・威嚇を入れても止まらないやつは止まらないので別の処理ルートを要する

などを考えてライボルトの構築を組まないといけない。
弱点が多く一見弱そうに見えてしまうかもしれないがS2では2200越えを達成してる方もいるし、”削れば”1-3をひっくりかえせたり構築によってはぶっ刺さるポケモンや構築なので弱いわけではない。
もっと煮詰めるべき個所は大量にありそう。
何をあたりまえのことを、と思われたかもしれませんが自分のメモみたいな記事ですので怒らないでください。

 2014_11_03


前回の続きです。
前回のも少し書き加えてたりしたところあったりするので良ければ見てください。



20戦ほど回してどういった奴が選出されるのかを見ていく。
また、回しててマッチするポケモンがいくらかいたのでそれにも触れておく。
※使用構築にもよるためすべて鵜呑みにしないでください。


garchomp.giflandorus-therian.gif

・ガブリアス、ランドロス
タイプの面でふつーにポンポン出てくる。
主にマリルリギャラ対面では十中八九こいつらが出てくる。
交換読みがしやすいためめざ氷をぶち込み一気に削るチャンス。
その他、ライボルトが有利な対面なら積極的にめざ氷を打っても構わないだろう。

kangaskhan-mega.gif

・ガルーラ
タイプの面で弱点を突かれず、確3以上にするためこいつも出る。
威嚇で決定力を削ぎつつ、ボルチェン回してゴツメで消耗させ最後に全抜きするのが理想。

zapdos.gifrotom-heat.gifrotom-wash.gif

・サンダー、ヒトム、ミトム
浮いた電気として。特にヒトムはライボルトの技をすべて半減させるため出やすい。
ヒトムを除けばギルガルド(上述の毒キンシ)が出やすい。
ヒトムの対策はPt単位でしておくこと。

raikou.gif

・ライコウ
瞑想積まれると厄介。スカーフ地面が一番対処しやすい。
しかし、壁、珠、眼鏡など型が多種多様であるため注意が必要。
特に、後ろでスカーフ地面を起点にするパルシェン、ファイアローなどに注意。
裏で起点にしようとする奴はライボルトが相手をできなくはないが。

mamoswine.gif

・マンムー
タイマン性能の塊。私の構築に問題があるのでまず間違いなく出てきてた。
10万ボルチェンは無効、火炎放射等倍のためライボルトはまず間違いなく相手ができない。
後ろで補完をすること。

見つかり次第追記していきます。


先程マッチするポケモンがいると書いたが、あくまで一例に過ぎない。

talonflame.gif

ファイアロー@青空プレート
特性:疾風の翼
性格:意地っ張り
努力値:H204 A252 S52
実数値:179-146-91-x-89-153
ブレイブバード 挑発
羽休め 剣の舞

または

talonflame.gif

ファイアロー@青空プレート
特性:疾風の翼
性格:陽気
努力値:H172 A252 B4 D4 S76
実数値:175-133-92-x-90-171
ブレイブバード 羽休め
鬼火 剣の舞

鬼火を入れるか挑発を入れるかでSが変わると思っている。
鬼火を入れるのならガブリアスは抜きたい。
挑発ならそこまでSを上げる必要はないと判断。

landorus-therian.gif

ランドロス@拘りスカーフ
特性:威嚇
性格:意地っ張り
努力値:H84 A132 B76 D4 S212
実数値:175-200-120-x-101-138
地震 岩雪崩orストーンエッジ
蜻蛉返り 馬鹿力

バンギランドアロールカリオへの回答としては上々だと思っている。
思ったより脆いので扱いには注意が必要。
威嚇ループをする点で物理に強くなれる点も○。
今のところ、S上昇の積み技を考慮すると
竜の舞を使うポケモンか(メガ)バシャーモなど物理エースが多い。
なので、威嚇ループは間接的に積むポケモンの妨害になってるといえる。
トゲキッスの電磁波が絡んでくれればなおよい。
まだ当たってはいないが、特殊系列でSが上がる積み技を使うのはウルガモスぐらい。
それならファイアローが相手をできる。


・・・時々追記してたりします。





【どうでもよい話(ポケモン関係なし)】
8/30に関東エグゼオフがあり、参加してきました。
エグゼ4の大会とエグゼ6の大会があったのですが、なんとエグゼ4の部で優勝しました!
使用したのはBM善です。
興味がある方は右上のリンクからエグゼネット対戦のリンクを参照してください。
そのうち、オフ会当日の動画も上がると思います。

また、今後も開催する予定があるそうです。
興味がある方はコメントかTwitterにて。
 2014_09_04



プロフィール

YK

Author:YK
主に63シングルでレートしてます。
当ブログではポケモンがメインになります。
エグゼネット対戦のブログはこちら

検索

Twitter